危険な簡単ダイエット

簡単ダイエットだからといって気軽にやってみる方が多いですが、たまに落とし穴があります。

食事の簡単ダイエットの場合によくあります。

リンゴダイエットで1日に1から2食をリンゴに置き換えて食事制限をした場合、痩せないからといって長期間試すのはよくありません。

摂取カロリーが抑えられるのでダイエットに効果的ですし、リンゴには良い栄養素がたくさんありますが、総合的に必要な栄養が摂取できていないので、実施する場合は3日間行って、4日目以降は通常の食事に戻し、また期間をおいて試すのが体に負担がかからないでしょう。

また、バナナやフルーツダイエットをやってみたけど、逆に太ったという方もいらっしゃいます。

朝や夜、いつ食べるのが効果的かを考えて食べないと太る原因になることがあります。

食べる量にも気をつけなければなりません。

フルーツは低カロリーだからといってパクパク食べていると、いつの間にかけっこうなカロリーを摂っていることがあります。

おいしいからといってたくさん食べると逆効果なのです。

簡単ダイエットの方法に、水をたくさん飲む方法や、下剤を飲んで痩せる方法などがありますが、これらの方法もいきすぎると危険がともないます。

水ダイエットは以前流行しましたが、やり方を間違えると大変です。

硬度の高い水を飲むと便通に効いて良いなどとされていましたが、水には栄養がなにもないので、食事に置き換えて水ばかり飲んでしまうと絶食状態になり、栄養失調になってしまうことがあります。

本来は適度な食事をとったうえでお水を飲む方法が正しいので、気をつけなければなりませんね。

下剤を飲む簡単ダイエットも同様です。

便秘だからと最初下剤を用いて便通が良くなると、体調がよくなって体が軽くなってきたりしますが、そこから更に下剤の量を増やして飲み続けてしまうと、体の調子が悪くなってしまうことがあります。

自分の体に対して適度な量を保つことが大切ですので、下剤で少し痩せたからといって、下剤の安易に量を増やすことはよくありません。

腸の健康が体にとって一番良い状態なので、下剤を用いた無理なダイエットはおすすめしません。